貸し会議室が秘める可能性

貸し会議室ってどうやって使えばいいの?

会議室を借りる

では実際に貸し会議室をレンタルする時、どのような手順で行えば良いのでしょうか。 部屋を一室借りるわけですから手続きや必要なものなどが多くて煩雑そうな気もしますが、意外と簡単に予約をすることが出来るので初めてでも安心して利用することが出来るでしょう。

利用手順は意外と手間がかからない

会社などで会議を行う時、皆さんはどこで会議を行っているでしょうか。
規模の大きい会社であれば会議室は社内に十分過ぎるぐらいあるという所もあるでしょう。
しかし規模の小さい会社や、在籍数の少ない事務所や営業所などには会議室そのものが無いということもあります。
中には社員用の休憩スペースをその時だけ会議室代わりにすることもあります。
社内の会議室であればまだ良いとしても、それが外部の顧客との商談などである場合はさすがに相手方に良い印象を与えることはないでしょう。
気にしないという人も中にはいるかもしれませんが。少なくともプラスの印象にはなりません。

では会議室のない会社は一体どうやって外部の人間と打ち合わせなどを行うのでしょうか。
一番ありがちなのはカフェやファミレスなどで食事ついでにするケース。
確かにこれらは至るところにあるので、探そうと思えばすぐ近場で見つけることが出来ますし、お互いの距離が遠い場合は中間地点に打ち合わせ場所を設置することも可能です。
しかし内容によっては機密事項も含まれていることがあるので公の場では難しい事もあると思います。
そんな時に役に立つのが貸し会議室を利用出来るサービス。
その名の通り、一室を会議室として利用する名目でレンタル出来るものです。
ここであれば周囲の目を気にすることもなく話を進めることが出来ますし、会社の狭苦しい所で打ち合わせなどを行い、相手方に悪い印象を与えることもありません。
また、カフェやファミレス同様、特に都心では知られていないだけで意外にも貸し会議室は点在しています。
相手の都合に合わせて会議室を設ける場所を選べるところもこれを利用するメリットと言えます。

貸し会議室の使い方

貸し会議室は会議を目的とした部屋のレンタルをすることの出来るサービスですが、会議室以外として使ってはいけないという決まりはありません。 では一体、会議室としてでなければどのような使い方があるのでしょうか。 実際の使われ方を元に見ていきましょう。

ペナルティも有り得る

割と自由は利きますが、貸し会議室はお金を払って借りているからといって何をしても良いというわけではありません。 きちんとルールを守らなければレンタル料だけでなく違約金が発生します。 とはいっても事前にルールを確認した上で常識さえ持ち合わせていれば何ら問題はないでしょう。

TOPへ戻る