貸し会議室が秘める可能性

貸し会議室ってどうやって使えばいいの?

会議室を借りる

手間いらずで簡単予約

急な来客や商談が入ったけど自社にはそんなスペースが無いし、かといってカフェやファミレスで話せる内容ではない。
そんな経験をしたことがある人もいるかと思います。
そこで利用されるのが貸し会議室ですが、基本的に貸し会議室は事前予約が必要になります。
インターネットによる予約が一般的な方法で、名前、利用人数、利用時間などを入力しなければなりません。
利用当日には身分証の提示も求められるところもありますが、これ以外に特別なものは必要なく、誰でも簡単に利用出来るのが貸し会議室のメリット。

場所によってはあらかじめ身分証の登録を済ませておくことで以後、提示という手間が不要になる顔パス機能を導入しているところもあるようです。

利用目的は限定されない

基本的に貸し会議室は時間貸しとなっており、長さに応じて料金も高くなっていきます。
一時間あたりいくらと設定されているところもあれば、あらかじめ先方が指定した時間内、例えば九時から十二時までの三時間でいくらと設定されているところもあります。
貸し会議室のレンタルを考えている際にはまずその点は押さえておかなければなりません。
後者の場合はスケジュールが決まっているので延長が効かないことが多いです。
逆に前者の場合は予約さえ埋まっていなければ別途料金はかかりますが、延長することも可能です。

通常のレンタルスペースよりも貸し会議室は自由が利くので工夫さえすれば使用用途はなにも会議室だけに留まりません。
様々な用途として使うことも可能になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る